セマンティック検索は、グローバルマーケティングの秘密兵器

ウェブ検索者の検索意図を読み取るときに核心的な役割を果たすのがセマンティックSEOです。

人によってGoogleの使い方はさまざまです。

セマンティックSEOとは、最適化されたコンテンツを作成することにより、ウェブサイトのトラフィックを向上させることです。ユーザーの検索クエリに関連したコンテンツを作成するのがポイントです。セマンティックSEOでは、ユーザーの疑問に体系的に答えるように、コンテンツのトピック、サブヘッダー、テキスト全体を構造化します。セマンティックSEOは、トラフィック、リード生成、検索エンジンのランキングに多様な形で影響を及ぼします。

セマンティック検索は一種の読心術(のようなもの)

今あなたは優れた英文校正者を見つけたいとしましょう。次のような語句を検索バーに打ち込むかもしれません。

    • 優れた英文校正者
    • 「最高の英文校正」
    • 「最高の英文校正会社は?」
    • 「英文編集者が必要」

…などなど。うまくいけば、が見つかるかもしれませんよ!

Googleは最適な検索結果を提供しようと努めていますが、そのためにはこれらのバリエーションをすべて把握する必要があります。Googleが絶えず検索アルゴリズムを更新している理由はここにあります。

Googleは、検索者の本来の意図にできるだけ近い検索結果や情報を提供したいと考えています。なぜなら、検索者の満足度が高まれば、より多くの人がGoogleを利用してGoogleのサービスに資金が投入されます。実にうまく作られたビジネスだと思いませんか?

最近のGoogleは、私たちが欲しいものを探すときに使うさまざまな方法を認識することで、その意図を読み取ろうと意欲的に取り組んでいます。これがセマンティックSEOと呼ばれるものの核心です。

SEOマーケティングでは、これを有利に使うことができます。特に英語では、多くの人がそれぞれにさまざまな使い方をしています。バリエーションやフレーズなど、多様性を先取りして導入することで、コンテンツは飛躍的に向上するはずです。ちなみに、これは英語に限ったことではありません。多言語でのグローバルなマーケティングにおいても有効な手段です。

セマンティックSEO・セマンティック検索とは一体なんですか?

これまでのSEOの基本的手順は、まずキーワードを選定し、それをタイトルや見出し、小見出し、そしてテキスト全体に数多く挿入することでした。

今でもターゲットとなるキーワード(シングルやロングテール)を知ることは重要ですが、それ以上にセマンティックSEOは重要度が増しています。検索エンジンはウェブページをランク付けする際に、検索意図に合うようにターゲットフレーズをより細かく考慮するようになりました。

セマンティックSEOの概念は、IBM、スタンフォード大学、W3Cのチームが論文を発表した2003年頃から知られています。Googleや他の検索エンジンが、単なる検索キーワードの組み合わせからではなく、意図や意味、文脈などの観点から検索クエリを今まで以上に理解できるようになってきており、セマンティックSEOの重要性は高まってきています。

セマンティックSEOでは、検索結果に必ずしも検索語そのものが含まれているとは限りません。その代わりに、検索エンジンは検索クエリの文脈を読み取り、ユーザーが求めていると思われること(つまり、検索意図)に基づいて検索結果を表示します。

Googleは言葉の意味を理解するために、単語どうしがどのように関連しているか、どのように連携しているかを分析しているのです。

セマンティックSEOでは、ユーザーの検索意図のより深い意味について把握します。より多くの可能性を自然な形でGoogleに提供することで、Googleの仕事はより楽になるでしょう。

ライターでない人にはちょっと扱いにくいかもしれません。とは言っても、ロケットを造るほど難しい話ではないのです。

セマンティックSEOは検索順位にどのように作用するのか?

Googleは絶えずアップデートを繰り返し、ますます強力でグローバルなセマンティック検索エンジンになってきています。Googleは検索者をあらゆる言語において、良質な文章で、評価の高い、優れたコンテンツに導きたいと考えています。当然ですが、そのなかでも英語はトップに位置します。あなたがこの記事を読んでいる理由も恐らくそのためでしょう。

ウェブコンテンツ開発者にとって、このことは何を意味するのでしょう?

もう一つ例として次のような検索クエリを挙げてみましょう。

健康的なダイエットとは?

当初、Googlebotは入力された検索キーワードの語句のウェブコンテキストを解析して、検索結果をランク付けしていました。そのため、かつては上位表示を目指すために、キーワードをできるだけ詰め込むことがありました。その結果、ユーザーの真の検索意図を満たさない、価値の低いウェブページで溢れるようになってしまいました。また、コンテンツも内容の薄いものになっていました。

今では検索クエリは文脈に応じて表示されるようになりました。Googlebotが自然言語処理を用いて、検索項目の文脈をよりよく理解することで、より検索意図に合った結果を表示できるようになりました。いつもとはいきませんが、かなりの確率でできるようになりました。

このような観点から「健康的なダイエット」という幅広い検索キーワードでは、「健康的なダイエットのメリット」「健康的な食べ物」「健康的なダイエット方法」などを総合的に扱っているウェブページの方が上位に表示される可能性があります。結局のところ「健康的なダイエット」についての考え方は無数にありますからね。

また、セマンティックSEOはトピックコンテンツによって上位表示を狙うこともできます。トピックの権威はGoogleなどの検索エンジンでのランキング要因のひとつです。

「健康的なダイエットとは?」の例で考えてみましょう。

トピックコンテンツとは、健康的なダイエットとは何かという検索者の疑問を完全に解決してくれるコンテンツのことです。例えば「ヴィーガンのための健康的なダイエット」「健康的なダイエットに必要なもの」「ケトは健康的なダイエットなのか」などのトピックを含めることができます。このようにすれば、コンテンツが検索クエリに対して詳細に答えることができます。また、詳細に説明し、良質な回答を提供し、そのトピックについて話す権威があることを示す証拠があれば、その用語だけでも上位に表示されるようになります。

食べ物やダイエットは、政府や大学のサイトはもちろんのこと、WebMDやHealthlineのような巨大な権威を持つ専門サイトが相手なので、上位にランキングするのは大変です。しかし、「アジアのケトレシピ」や「ヴィーガンが住むのに最適な世界の都市」など、特定のトピックに絞り込むことは可能でしょう。

トピックコンテンツでは、訪問者のウェブサイトでの滞在時間も長くなります。このことは、ウェブページのコンテンツの質を示す指標となります――Googleはこれを好意的に判断します。

また、セマンティックSEOによってランキング1位以上に効果が大きいスニペット機能で表示されるようにすることもできます。スニペット機能は、検索結果表示ページや「他の人はこちらも検索」表示欄に特に関連が深い機能です。

ポジションゼロ」は検索結果での最高位です。ポジションゼロとは、検索クエリに直接答えるウェブコンテンツの強調スニペット機能のことです。検索エンジンは、この強調スニペットを検索結果の一番上に表示します。そうすれば、そのページに有料広告がない限り、検索者が最初に目にするのはあなたのページです。

セマンティックSEOで多くのリードを獲得する方法とは?

かつて、オンラインのウェブコンテンツはリンクによってつながり、ウェブページのネットワークを形成していました。今日、検索エンジンは人工知能と機械学習によって、オーディエンスとウェブページの間の橋渡しをしようとしています。検索エンジンは、オンラインオーディエンスを適切なコンテンツに誘導することができます――これがセマンティックウェブの世界です。

セマンティックSEOでにコンテンツをより効果的に最適化するには、いくつかの方法があります。

  • 複数キーワードや単一キーワードをターゲットにするのではなく、検索エンジンが解釈できるフォーマットで強力なコンテキストを構築し、検索者を誘導する。これがオーガニックのトラフィックを得るためのコツです。

例えば、配管設備を販売している会社が「配管パイプ」をキーワードとしてサービスをマーケティングしているウェブサイトの場合。

「お客様のニーズに合わせた万能配管パイプ」

別の角度から書くこともできます。

「あらゆる目的に使えるスチール、銅、プラスチック製配管パイプ」

ユーザーが「配管パイプ」と検索した場合、両方の記事が表示されるかもしれません。しかし、「プラスチック製の配管パイプ」だけを検索した場合は、2つ目の記事だけが表示される可能性が高いでしょう。「可能性が高い」というのは、これには記事の内容も影響してくるからです。

文脈に合わせてコンテンツを構成し、自然で、かつ多様な言い回しを活用することで、さらにパフォーマンスを向上させることができます。

  • セマンティック検索はエンティティベースです。つまり、自然言語処理、理解、概念、コンテンツの意味などのルールにより、検索者が探している内容に、あなたのウェブページの品質や文脈をより適合させることができます。
  • セマンティックSEOなら、検索エンジンがクエリを予測するのが容易になるため、自動予測においてより良いパフォーマンスを発揮します。

セマンティック検索は「他の人はこちらも検索」「ナレッジパネル」「ローカルパック」「イメージクエリ」「イメージパック」にも関連しています。これらのセクションは通常は検索結果ページの上位に表示されます。

セマンティックSEOが特に英語で重要なのはなぜか?

英語ではセマンティック検索が特に重要になるのには、いくつかの要因があります。

セマンティック検索はイディオムを文脈化する

セマンティックSEOが英語で重要なのは、検索エンジンがクエリを適切に解釈するためには文脈を必要とするからです。これにより、特にイディオムを含むクエリの場合、その特定のクエリに関連した結果を取得することができます。

例えば「maxi skirt(マキシスカート)」や「pencil skirt(ペンシルスカート)」のようなフレーズが使えます。これらは米国では一般的に使われる言葉です。しかし、同じものでも中国のオーディエンスなら「blowing skirt(ブローイングスカート)」や「matching skirt(マッチングスカート)」のようなものを想像するでしょう。

また、「sweater(セーター)」や「stroller(ベビーカー)」といった言葉は、米国人にとっては一般的ですが、インドやシンガポールといった市場はもちろんのこと、英国、オーストラリア、ニュージーランドの読者にとっては、「jumper(ジャンパー)」や「pram(乳母車)」といった言葉が一般的です。

セマンティック検索エンジンは、このようなイディオムやフレーズをローカライズすることで、文脈の中でどのように使われているかを理解することができます。特に英語のようなグローバル言語では、人によって言い方がそれぞれ異なるからです。

英語という言語の話者の多さと使用地域の広さは、多種多様な言い方が存在することを意味する

英語は実に幅広い言語です。13億人以上の人々が英語を母国語または第二言語として使っています。しかし、世界の多くの人々が英語をビジネスや一般的なコミュニケーションのためのグローバル言語として使用している中では、この数字はたいして意味のあるものとは言えないでしょう。

旧来のインターネットでは、記事ボリュームが文脈の重要度を上回った場合、キーワード密度が最も高いページが上位表示されることが多くありました。これでは検索者が実際に求めているものとは異なる、質の低い検索結果が多くなってしまうのは当然と言えます。

Scize 英文校正・英文編集

世界中の多くの人がそれぞれの英語で検索しているなか、ほとんどの主要な検索エンジンはアメリカにあるため、インターネット上の英語はアメリカ中心のものになっていました。今でもそうだと言う人もいるかもしれませんが、セマンティックが導入されたおかげでこれもずいぶん進歩しました。

セマンティック検索は、キーワードをターゲットにしたSEOによって生じる曖昧さを解消する

セマンティックSEOによって、検索エンジンはフレーズやキーワードがウェブコンテンツの中でどのように使われているかを解釈できるようになります。さらに、検索された単語が使われたその文脈を分析します。

という言葉には多くの意味があります。動物であったり、体操器具(鞍馬)であったり、大工さんの道具(脚立)であったりします。セマンティックSEOは、あなたが話しているのがどの馬なのかを判断することを目的としています。つまり、「prettiest brown horse(可愛い栗毛の馬)」と入力すれば、おそらく動物だと判断するでしょう。「vaulting horse(跳馬)」と入力すれば、体操競技の文脈を拾ったり、「equestrian vaulting(馬術の跳馬)」(そう、これは私も今知りました)に導いたりするでしょう。

ほとんどの検索クエリは意図せずに曖昧になる

同じ検索キーワードを使っても、それぞれのGoogleユーザーの意図するところは異なります。また、多くのユーザーはスペルを間違えたり、親指が太くてタイプミスをしたりします。

例えば 「How big is the Coliseum?(コロッセオはどれくらいビッグか?)」

「Coliseum」という単語は、容量または高さの点で「ビッグ」になり得るので、この検索クエリ自体が曖昧です。また「Colosseum」という綴りの方が一般的です。

この場合、Googleはユーザーがコロッセオの土地面積(ヘクタール)を探しているのではないかと推測します。もうひとつ重要なことは、コロッセオの高さや収容人数に関する質問に答えることでコロッセオについて詳しく説明しているウェブコンテンツは、クエリにより適切に対応していることになることです。よくあることですが、このケースではウィキペディアに軍配が上がります。

それなりの信頼性があり、ローマ建築に何らかの関連性があるサイトで「コロッセオの大きさはどれくらいか」というタイトルの包括的なブログ記事を書けば、何とか勝てるかもしれません。

検索エンジンが検索者の意図に基づいてより良い答えを提供できるようになったのは、セマンティックSEOのおかげです。

複数のキーワードでランク付けする必要性

セマンティックSEOでは、複数のキーワードに対応するようにコンテンツを言い表していきます。

これは、潜在的意味索引(LSI)キーワードとの組み合わせによって実現することができます。LSIキーワードとは、メインキーワードの周辺で他のキーワードがどのように使われているかを測定するGoogleのシステムです。

そのため、コンテンツを作成するときには、メインキーワードとLSIキーワードの間に自然かつ円滑な関係を念入りに作りあげなければなりません。これにより、どのような検索フレーズであっても上位に表示されるようになります。

例えば:

  • 「ladies shoes for sale(セール中の婦人靴)」という検索フレーズならば
  • 「Ladies’ shoes for sale online(オンラインセール中の婦人靴)」が二つ目の検索フレーズ
  • 「Cheap high heels for women(女性用のお値打ちハイヒール)」が三つ目です。    Googleなどのセマンティック検索エンジンは、この1つのページを両方の検索フレーズで上位に表示するかもしれません。なぜでしょうか?

その秘訣は、こういったキーワードを中心に置きながら、どのようにコンテンツを作り上げていくかにあります。セマンティックSEOでは、コンテンツを最適化させるために、同じコンセプトを指し示すフレーズを入れ換えて使用できるようにします。

  • どんな靴か?(ヒール、パンプス、特別な日のため?)
  • どこで売っているのか?
  • 他にどんな修飾語があるのか?

このようなクエリを予測して、ターゲットとている人々が使っている言葉を使ってコンテンツをまとめれば、検索結果でのパフォーマンスは向上するでしょう。

なぜ、ほとんどのウェブサイトがセマンティックSEOに失敗するのか?

セマンティックSEOがそれほど重要であるなら、なぜ多くのウェブサイトのSEOがこれほどお粗末なのでしょう?読みづらく、ひどい英語や空虚な散文であふれたコンテンツを作り続けているのはなぜなのでしょう?それには次のような理由が考えられます。

認識不足

ほとんどのライターは、セマンティックSEOについて知らないか、知っていても努力するほどのものではないと気に留めていません。

優れたコンテンツ制作者の多くも、まだセマンティックSEOを理解しつつある段階にあります。

英語のコンテンツマーケティングGrowGlobal

全体的に見ると、セマンティックSEOは大変そうに見えますが、トピックをじっくりと読み、人々がそのトピックについて話すときに使っている言葉を見つけ出し、それを自分の記事の中で使うことで、記事は見違えるほど改善するはずです。

語学力の欠如

セマンティックSEOには、語彙階層化、正規化クエリ、多数派検索クエリなどの概念があります。大げさな用語ですが、これらは結局のところ、言語に長けていて、人々がどのようにコミュニケーションをとるかについて、目・耳・鼻がよく利く人が有利になるということです。

英語の場合、いわゆるコンテンツライターと呼ばれる人たちの多くは真の英語ネイティブではありませんから、言葉の使い方やニュアンスの違いを知りません。やはり、日ごろから英語の文章をたくさん読み、言葉やコミュニケーションを愛する優秀な英語ネイティブのライターが英語コンテンツの作成にはベストと言えます。

だからこそ今、英語専攻の人材がどこでも求められているのです。

さて、そろそろ締めくくりましょう!

言葉の使い方がコンテンツにどのように影響するかを理解してはじめて、コンテンツを調整してセマンティックな最適化ができるのです。ノン・インナーサークル・スピーカー(英語ネイティブでない英語圏の人)にコンテンツ制作を依頼した場合、ターゲットとなる消費者が笑ってしまうような、ぎこちない、時代遅れの英語でコンテンツが埋め尽くされていても驚かないでください。ほとんどのアメリカ人はインドでよく使われる英語の言い回し「do the needful(必要なことをする)」や「avail of(用いる)」 が何を意味するのか分かりません。英語ネイティブを雇うべき理由はここにあります。

セマンティックHTMLでの貧弱なコーディング

セマンティックHTMLでは、正しいHTML要素を使ってコンテンツを記述しなければなりません。例えば、ウェブページ上のすべてのテキストやメディアを意味的に記述するためには、正しいセマンティックHTMLが必要です。

これらの要素に正しいセマンティックHTMLを使用しないと、セマンティック検索エンジンはそのページを正確に、あるいは高くランク付けすることができません。

潜在的意味索引(LSI)を使用していない

LSIは、検索エンジンのアルゴリズムがウェブページを効果的にランク付けするために機能しています。ただし、これはコンテンツに基づいています。ですから、キーワードは文脈に沿って配置されなければなりません。さらに、ウェブページ全体にセマンティックキーワードでつながりをもたせることも大切です。

セマンティックSEOに関する結論と今後の進め方

今あなたがコンテンツ制作に取り組んでいるなら、セマンティックSEOを見落としていないか見直してみてください。あなただけでなく、誰に対しても言えることですが、セマンティックSEOへの今の投資は、将来のために極めて有利に働くはずです。

まず第一に、検索クエリに関する質問に答えられるように、コンテンツを構成していく必要があります。自分のトピックに関連しているよくある質問を洗い出して、コンテンツの中で包括的にそれらに答えていくように作り上げます。

ユーザーの検索意図とコンテンツを確実に一致させるために、キーワードだけでなく、トピックについても考えてみてください。さらには、スニペット機能に対しての最適化や構造化データを含めることで、意味的に構造化されたコンテンツになるようウェブページをアップグレードしてみましょう。

また、最も現実的かつ確実な選択肢として、プロのSEOコピーライターに依頼して、既存のウェブテキストを修正してもらったり、セマンティックに最適化されたテキストを新たに作成してもらうこともできます。さらに詳しくお知りになりたい方は、ぜひお問い合わせください。

Scroll to Top