日本でのネイティブの英語コピーライティング&英文編集・英文校正・英文校閲

外国人による「メイド・イン・ジャパン」の英語コンテンツ

東京、大阪、福岡、名古屋、北海道、そして日本全国に真の英語コピーライティングを...

native English copywriter – Asia, Japan, Korea

私は日本で暮らしているコピーライターです。でも、日本語のコピーライターではありません。

では、なぜそれが重要なのか、これから詳しくお話ししましょう。

英語ネイティブのコピーライターが日本で活躍

Scize Group合同会社のオーナー、アダムです。日本に在住する英文コピーライターであり、編集者です。

また、公認編集者であり、マーケターであり、CPRW(認定専門履歴書作成者)の資格者でもあります。アメリカで生まれ、アメリカとオーストラリアで教育を受けました。人生の半分は日本で過ごしています。

ところで、日本には真の意味での英語ネイティブのコピーライターはほとんどいません。その多くが英語でコピーを書いている人たちです。

この違いが分かりますか?自動車のオイル交換が自分できる人がいる一方で、整備士の資格を持った経験豊富な人がいるのと同じです。

日本での英文コピーは、ほとんどが日本人か翻訳者によって書かれています。

英語ネイティブが書く場合でも、英語の教師など、多くがコピーライターではない人によって書かれています。あるいは、英語を母国語としない国から来た外国人のインターンなど、身近にいる外国人が書いていることもあります。

私はこの違いを前回のプロジェクトを通して知ることができました。「Tsujiru」という名のプロジェクトです。

tsujiru

「Tsujiru」は私自身の個人的プロジェクトでした。「東京 コピーライティング」「コピーライター 日本」「コピーライティング 英語 日本」などの検索キーワードではGoogleで上位に表示されました。

しかし、寄せられた問い合わせの多くは、日本語のコピーライティングに関するものでした。私は日本語を話しますし、書きもします。自身を翻訳者と名乗ることだってできます。しかし、私は日本語のコピーライターではありません。

日本語のコピーライターにあらず (sorry!)、日本で活動する英語/グローバルコピーライターなり

もちろん、お客様からの問い合わせなら、どんなものでも有難いものです!

私はそのとき素人の翻訳者にその仕事を外注することもできましたし、お客様はその違いに気づかなかったかもしれない。しかし、それは倫理的ではないですし、第一かっこ悪いですよね。

可能であれば、こういった問い合わせは、資格のあるプロの日本人コピーライターに廻したいところですが……しかし、これは他の国でもありがちなことですが、文章を書く人の中には数多くの自称コピーライターが存在します。でもその人たちは厳密に言えばコピーライターではありません。文章を書く人たちです。

日本人のコピーライターと提携しようとしたこともありましたが、日本語のコピーライティングは英語のそれとは異なるところが多く、その品質を保証することはできませんでした。

また、ネイティブでなくとも才能のある人たちがいる英語とは異なり、日本語には構造や形式があり、読者は満足や有言実行に重きを置いています。そこには芸術性や意外性はあまり感じられません。

日本の文化の多くはそういうではないでしょうか。

自分の芸術を完成させ、高潔で最も的確な方法でそれを伝える人が高く評価される文化です。だからこそ、大相撲は何百年も前の姿のままなのでしょう。ドロップキックもパンチもありませんし、頭に鉄の椅子をブチ当てることもない。ルールを守りながら、黙々と格闘している大きくて重たい男たち。

日本が革新的でないと言っているわけではありません。間違いなく革新的です。しかしそれ以上に日本は完璧なのです。そしてそれを見事にやってのける。

この日本在住の英文コピーライターができること-他では真似できないこと

ひとつには、コピーやコンテンツが書けること。心を動かすヘッドラインをひねり出すこともできます。そしてCTA(行動喚起)を書くことができる、短い文章でまとめられる、読者を行動に移させるなどなど。

ライティングとは紙の上に言葉を書くこと。コピーライティングとは結果を出すための文章です。

“Copywriting is the process of writing advertising promotional materials. Copywriters are responsible for the text on brochures, billboards, websites, emails, advertisements, catalogs, and more.

Unlike news or editorial writing, copywriting is all about getting the reader to take action.”

翻訳すると:
「コピーライティングとは、広告宣伝材料を書くこと。コピーライターは、パンフレット、看板、ウェブサイト、電子メール、広告、カタログなどの文章作成に携わる者。

ニュースや論説文の執筆とは異なり、コピーライティングは読み手に行動を起こさせることがすべてです」
AWAI (米国作家芸術家協会)

その上、私は日本語の情報源や日本での生活体験に基づいて文章を書くことができます。

私は東京の翻訳会社で働いていたことがあります。

数千本の学術論文を編集し、福岡や秋田などの大学で講義をしたこともあります。

経済産業省関連の政府系シンクタンクで4年間、編集者・ライターとしても働いていました。

日本初の外資系インターネットサービスプロバイダでテクニカルサポートもしていました。私の最大のクライアントは日本の大手SaaS企業です。

また、韓国、タイ、カンボジア、フィリピンなどに滞在していたこともあり、アジア関連の話題には幅広く対応することができます。これまでに、NGO、国連機関、個人のお客様ともお仕事をしてきました。

基本的にはB2B(企業対企業)とB2Science(企業対科学)を扱ってきましたが、B2C(企業対消費者)にも対応できます。ただし道徳・倫理に適ったものに限りますが……そう、それがScizeのビジネスの流儀です。つまり、優れた製品とサービスの提供、そしてグッド・サイエンスです。

私はSEOに精通していますし、その知識を実際に用いてもいます。恐らくあなたがここにたどり着いたのもそのためでしょう。キーワード、読みやすさ、オンページ・オフページのSEO対策、バックリンク、関係構築などを駆使して検索エンジンでのランキングを上げています。すべて自分のためにやっています。だから当然、あなたのためにも同じことができます。

ウェブ上で公開するすべてのコンテンツは、兎にも角にもSEOに最適化されていなければなりません。私はあなたのために新しいコンテンツを作り、あなたの戦略をサポートし、読んだ人々が行動を起こすようなテキストコピーを書くことができます。

翻訳者ではこういったことはできません。英語の先生だって無理です。全くお門違いの仕事だからです。

私は日本語を話しますし、読みますし、書くこともできます。

まとめ

私は日本に住むネイティブの英語コピーライターです。東京には10年以上住んでいました。神戸や国内のその他の地域にも住んでいたことがあります。現在は、日本の西海岸に位置する穏やかで居心地のよい街、福岡を拠点に活動しています。

  • 明太子の福岡
  • 山笠の福岡
  • Startup Cityの福岡

Fukuoka Scize Writing, Editing, Marketing, Scize Group LLC

私はあなたのために英語のコピーやコンテンツを書くことができます。

日本(東京、大阪、北海道などどこでも)についての記事であれば、日本語でリサーチすることも可能です。他の人にはできない洞察をそこに加えることもできます。

私が作成した成果物をあなたの会社のために英語から日本語に翻訳することもできます。そして、あなたの日本のコンタクトと連絡を取り合うこともできます。

日本について別の視点からの洞察を得ることができます。日本に長く住んでいる外国人在住者の目からしか知ることのできない日本の側面を捉えたコンテンツ。しかも、洗練されたコピーライターの言葉で書かれたコンテンツ。

でも、私は日本語のコピーライティングはできません。いいパートナーを見つけるために、これからも頑張ります。どんなことでも、お気軽にお問い合わせください。すでに述べたように、どんな問い合わせも喜んでお受けします!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

アダムより

Scroll to Top